毎日行う近視の視力回復法

In : 日記, Posted by on 1月.01, 2018

近視の人がパソコンを長時間使うと、視力が弱って、画面の字がぼんやりしたり二重に見えたりしがちです。そんな時は、いくつかの種類の視力回復方を行います。

まず、椅子から立ち上がって、首・肩・腕のストレッチをしたり、全身を左右にねじったりします。全身の血行を良くするためです。そして、椅子に座り、こめかみや眼窩のくぼみを抑えたり、鼻筋の両側に沿って指で押していきます。これらの指圧で楽になります。

次に、窓際に行き、目の焦点軸を調整します。遠くの建物や看板の字や絵などの複雑な景色

の1点をじっと見つめます。その時、まばたきを我慢していると、目がジーンとなって涙が出てきます。そこをできるだけ瞬きしないように耐えて、我慢できなくなったら、ギューッとまぶたをつむります。また遠くの1点を見ては、これを繰り返します。数回行うと、見つめていた1点の風景の細かい部分が見えてきます。効果抜群です。

それに加えて、自宅にいる時には、床でヨガのライオンのポーズを行います。4つんばいになり、口を大きく開け、舌をできるだけ前に出し、目を見開いて、ワオーと吠える感じにします。そして、できるだけ視野の端を広範囲に見るように、目をゆっくりぐるりと回します。

これらの方法で、近視の視力がかなり回復します。視力回復は誰かに頼らないと無理と思っている人も是非チャレンジしてみてください!

No comments for this entry yet...

Comments are closed.