Archive for 7月, 2014

生活改善により自律神経失調症を治しました

In : 日記, Posted by on 7月.07, 2014

コメントは受け付けていません。

自律神経失調症は心の病とよく言われます。検査しても体自体に異常はなく、この病名として片づけられるケースが非常に多いです。私もその一人です。毎朝お腹が痛くなり、下痢を発症、下痢は繰り返し何度も起こるので、さすがに辛く、病院に行って検査をしました。

結果は特に腸に異常はなく、自律神経による過敏性腸症候群と診断されました。治療薬として、腸内環境をよくする薬と、下痢止めなどもらいましたが、症状は少し解消されたものの、薬がないと症状は再発して、結局、根本的な治療にはなりませんでした。

この話を友人にすると、心療内科に行くことを勧められ、近くの心療内科を受診し、今度はビオフェルミンと抗不安剤を処方されました。抗不安剤効果により、少し気持ちは安らぎましたが、やはり、毎朝の下痢は改善されません。

ここまで治療しているのに、どうして治らないのだろう、大きな病気ではないのにどうしてこんな辛い思いをしないといけないのか、と凄く悩み、落ち込みました。やはり、自律神経失調症とは、心の病なのか、と治療を止めようと思いましたが、それでは自分に負けてしまうどころか、両親や家族、本当に心配してくれている周りの人に申し訳ないと気持ちもあり、もう一度頑張って、まずは心の病と認識して、心の病を治してみようと、考え方を変えてみたのです。

原因を自分なりに追求してみると、私は会社に行くことが嫌でした。私が勤める会社は、人手不足で、私はほとんど休みなしで働いていました。そこで、改善して欲しいことを上司に相談しましたが、改善されることはありませんでしたので、結果、私はその会社を辞め、転職しました。

それから少しの間、下痢の症状はありましたが、次第に症状は改善され、今は薬なしで、すっかりよくなりました。

自分の経験から言えるのは、自律神経失調症を治す方法は、毎日の生活を見直すことです。嫌な原因を取り除いて、ストレスのない生活を送ることが一番大切だと思いました。会社を辞めるのは簡単なことではありませんが、我慢せず、誰かに相談して、できるだけいい方法で解決できたら、きっと自律神経失調症も良くなると思います。